簡易設定器アダプタン 使い易さを追求したアナログ簡易設定器

簡易設定器アダプタン

「簡易設定器アダプタン」とは?

「簡易設定器アダプタン」は、最新の小型デジタル調節器の操作をアナログ感覚で行えるようにするためのアダプターです。 操作し易い大型ダイヤル、10回転精密設定ボリューム採用で、アナログ操作の使い易さを追求しています。

通常タイプの簡易設定器「OSC-3A」と、既存の制御盤パネルをカットすることなく取り付けられる
OSC-2A」の2つのタイプをご用意しています。(上の写真はOSC-2Aになります。)

デジタル調節器をアナログ感覚で操作できると何がうれしいの?

最新の小型デジタルタイプの調節器は省スペースで、制御盤を小型化できるというメリットがありますが、その分 設定ボタンが小さくて見づらくなっていたり、設定を変更するためにいくつものボタンを押す必要があります。

設定をほとんど変更しないならよいのですが、頻繁に変える必要がある場合はデジタル調節器のボタンによる操作では大変です。 例えば、パンの焼き具合を見ながらこまめに温度調節する場合など、ボタン操作でもたもたしていたらパンは焦げてしまうでしょう。

「簡易設定器アダプタン」は、こうしたお客様のご要望にお答えするために開発されました。

パネルカットの必要なし! 調節器の交換がとっても簡単

額縁アダプターの機能が付いた「OSC-2A」を使用すれば、既存の制御盤パネルの板金加工のカットを気にすることなく小型調節計を取り付けることができます。 特殊な工具は一切使いません。

右上の写真は、デジタル調節計取り付け前の制御盤で、中央に古いアナログ調節計が取り付けられています。
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)

右下の写真は、上と同じ制御盤に最新の小型デジタル調節計を、アダプタンを使用して取り付けた写真です。

古いアナログ調節計用にパネルカットされた部分をそのまま利用して、デジタル調節計が取り付けられているのがお分かりになると思います。


<取り付け前>



<取り付け後>
※アダプタンのパネルカットは 96mm × 96mm ですが、姉妹品「額縁アダプター」を併用すれば、さらに小型の各種デジタル指示調節計を取付ることもできます。

詳しくはお問い合わせください。

アダプタン OSC-2A 仕様

イメージ
定格電源電圧AC100Vまたは200V、50/60Hz
消費電力2.5VA
許容周囲温度0〜45℃
許容周囲湿度40℃、90%RH
出力信号4-20mADC(MAX.300Ω)
取付屋内パネル埋め込み
重量960g
塗装色黒半艶(マンセルN-1.0)
外形寸法

アダプタン OSC-3A 仕様

イメージ
定格電源電圧AC100Vまたは200V、50/60Hz
消費電力2.5VA
許容周囲温度0〜45℃
許容周囲湿度40℃、90%RH
出力信号4-20mADC
負荷抵抗400Ω
取付パネル取付
重量560g
塗装色前面: 黒半艶(マンセルN-1.0)、ケース: ベージュ
寸法
●外形図 ●パネルカット図